醤油の入りたこ焼きが好き

投稿日:

暑い日に、たこ焼きが食べたくなった。

 

ついでに、くずる小さい娘をベビーカーに乗せて出かけて、機嫌でもとってやろうと思った訳だ。

 

 

そのたこ焼き屋さんの場所は何となく知っていて、一度行きたいと前々から考えていたのだ。

 

車ならすぐと思っていたが、ベビーカーを押して歩くと、まあまあな距離。普段歩かないと、それすら分からないものなんだな。

 

 

途中、本屋が見えたので中で涼んでやろうと近づいてみたが、その本屋の一階はマッサージ屋になっていて、本屋は二階に移転していた。

 

 

古い建物なので、エレベーターがなく階段のみ。そのままではベビーカーは上がれないし、涼む為に抱えて上がるのでは、意味がない。

娘の機嫌も悪くないので、ベビーカーを押して歩き出した。

 

あっつい中、ようやくお店に着いた。

 

大きくないお店で、メニューはたこ焼きだけ、何年も前からある雰囲気だ。

お店にはメイクバッチリのお姉さんが二人。親子と思われる。ちなみに親の方は白髪だ。

 

若いお姉さんの方から、「1個?」と。

 

1皿10個と書いてあるので、一皿を一個、二個と、このお店は呼んでるだなと思い、

「3っつください」

思わず、3つ。しかも皿も個も使わなかった。

たこ焼きの単位は、1個、2個、でセットになると皿とかパックじゃないかと考えていると、

お姉さんが

「暑いね、ベビーカーの背中、冷やす物、入ってるの?」

 

暑い中、娘の事を心配してくれたようだ。

 

思いつきで出かけたので、何の用意もしてこなかった。イクメン失格だ。

 

「いやぁ、何も無いんですよ。」

娘の背中に敷いてあるタオルをパタパタさせて答えた。

「タオル貸して」

お姉さんが手を伸ばしてきた。

 

たこ焼きのお代金を払う前に、私はタオルを出すのだろうかと思ったが、これは娘を思っての事だと感じ、手渡した。

 

お姉さんがタオルを掴むと奥に消えていった。

 

白髪のお姉さんがたこ焼きを渡してきたのでお代金を渡す。良い匂いだ。

 

奥からお姉さんがやってきて

先程のタオルが何かをくるんでいる。

「タオルに保冷剤入れたから使って。返さなくていいから。」

「ありがとうございます。良いんですか?助かります。」

大きめの保冷剤だった。汗ばんだ娘の背中に冷気を感じるタオルを入れた。

 

次のお客さんがいるので、挨拶もほどほどでお店から離れた。

 

常連客でもないのに、こんな事してもらえて嬉しさと温かみを感じてしまった。

 

たこ焼き焼いてるお姉さん達の方が、余程暑いだろうなと思いながら、家に向かって歩く。

 

信号待ちでベビーカーをのぞいてみると、娘はグッスリ眠っていた。

 

 

ひで

 

 

 

よみこみ中...

大福

ボクたちを押した分だけ、大きな福が届くからね

▲ だいふくボタン

この『だいふくボタン』は、熱田神宮で祈願し、実際に大きな福を詰め込んであります。

うまく動かないときは?

-

だいふく村のブログです。

だいふく村は、
日本のどこかにある未開の村。
村人がいろいろ開拓してだいふく村を作っていきます。
小さな所からコツコツ始めて、何でも有りな、イロイロな事にチャレンジします。
村が大きくなって、ダイフクシティになるといいな。

以下の推奨ブラウザをご利用のうえ、JavaScript、Cookieが使用できる状態でご覧ください。

Google Chrome (最新版)
Microsoft Edge (最新版)
Safari (最新版)

Google Chrome (最新版)
Safari (最新版)

pagetop