帰ってきますね。

投稿日:

またしても。焼き芋?!

 

 

今回は、焼き芋をいただきました。

 

なんと、いつものお店の焼き芋屋さんの焼き芋ですね。

 

最近、食べ物をよくいただきます。ありがたいですね。

 

美味しい物だと、ついつい速く食べてしまう気がしますが、

楽しい時間が、速く過ぎるのと同じで、速く食べてしまった気になるのか、

それとも、

本当に速く食べてしまうのか、

たぶん、本当に速く食べてしまうのでしょうね。

ゆっくり食べれば良いんですが、なかなか出来ない。

二日酔いになるとわかっているのに、飲み過ぎちゃう。

お腹が壊れてしまうとわかってのに、辛い物を食べちゃう。

ブュッフェで、食べ過ぎる。

お腹が減っていると、食べ過ぎる。

何でしょうね。

頭がお腹からの指示を聞きすぎたり、

お腹が頭からの指示に応えきれなくなったり。

自分の身体は自分でもよく分からないものですね。

分かったところで、コントロール出来るのかって事でもあります。

 

人類の歴史で、こんなにも食事が多い事はなかったそうで、食べ過ぎる環境に、人間の身体が慣れてないんですね。

特に日本は食べ物がいっぱいで、美味しい物が多いですからね。

何食べても美味しい物だから、困ってしまいますね。

それも、いつでも、どこでも、大体の場所で食べる事が出来るなんて、

当たり前に思いますが、本当は、結構スゴイ事なんじゃないかと、

お母さんの夕飯が気に入らなくて、怒っちゃうお子さまは、お尻を叩いてあげたい気分が湧き上がるってもんですよ。

当たり前のサービスを受けてると、サービスがなくなった時に、納得できない人もいます。

介護の世界は、職員の調整に困ってる事業所さんもあって、変更する事もありますね。

資源は有限であるように、人材も有限ですね。

本当に良い方が、辞められるときの残念感は、もう、どうしようと困るくらいです。

若手やまだまだ頑張りたい人が、介護の仕事をしてくれたらなって思いますね。

 

私の個人的提案ですが、学校教育の現場に介護の授業が入ってほしいのです。

家庭科の様に、介護の授業を学ぶ事は、介護の仕事に進む人も、地域の力、いわゆるインフォーマルの可能性が広がる訳です。

多くの人が義務教育で教わった事が出来る様に、介護を習うと介護の知識が浸透して、認知症の方への対応が出来て、早期発見、予防につながります。

これで老後も、認知症になっても安心出来るんじゃないかなと、思いますが、いかがでしょうね?

介護には、あいまいな所もありますので、教えられる先生を作るところから、はじめないとダメかな?

介護を授業に。

 

村長

よみこみ中...

大福

ボクたちを押した分だけ、大きな福が届くからね

▲ だいふくボタン

この『だいふくボタン』は、熱田神宮で祈願し、実際に大きな福を詰め込んであります。

うまく動かないときは?

-

だいふく村のブログです。

だいふく村は、
日本のどこかにある未開の村。
村人がいろいろ開拓してだいふく村を作っていきます。
小さな所からコツコツ始めて、何でも有りな、イロイロな事にチャレンジします。
村が大きくなって、ダイフクシティになるといいな。

以下の推奨ブラウザをご利用のうえ、JavaScript、Cookieが使用できる状態でご覧ください。

Google Chrome (最新版)
Microsoft Edge (最新版)
Safari (最新版)

Google Chrome (最新版)
Safari (最新版)

pagetop