バイクで登山部

1月の読書部

投稿日:

 

こんにちわ。

今年の読書部は、上半期と下半期の半年ずつにしようと思っていたのですが、

年末年始からどこにも行けないし、寒すぎるので引きこもって本を読み散らかしていました(/ω\)

1月はバイクにガソリンを3回しか入れていません(・∀・)

このわたしがッ!(ジョジョ風なセリフ)

 

 

【宝島】

著者:真藤順丈さん

感想:年末年始に読むような内容ではありませんでした。

私、沖縄のことなんにも知らんかったな。。。

内容:戦後から1972年の沖縄返還までの時代がベースです。

とんでもないものにふれた作品でした。

第160回直木賞受賞作。

 

 

【ルパンの消息】

著者:横山秀夫さん

内容:新聞記者時代の横山秀夫さんが書いたデビュー作で幻の傑作。1991年ものです。

いきなり15年前の殺人事件、3億円事件、時効まで24時間・・・

感想:ミステリー要素がつまりまくっていて、面白すぎました。

WOWOWOで2008年に上川隆也さん主演でドラマ化されています。

上川隆也さん好きのタカミさんがDVDをお持ちで、貸してくれました。

原作の方がいいです。

 

 

【動機】

著者:横山秀夫さん

内容:警察小説の短編集です。

感想:横山さんは短編が(も)面白い。

と、いいますのも長編が骨太すぎるから私のスタミナ(集中力)が持たないのです。

「なんで早く教えてくれなかったんだ」ってクロサマに八つ当たりしたら、

「なんども言った。あなたが聞いてなかったんだ」って返り討ちーーー(;・∀・)

ゴメンナサイ・・・

 

 

【ホテルローヤル】

著者:桜木紫乃さん

第149回直木賞受賞作。

内容:湿原に建つラブホテルでそれぞれ問題を抱える宿泊客、経営者家族そして、

従業員がおりなす男と女の素肌をさらすかけがえなさを7編の短編で描いてあります。

波留ちゃん主演で映画化されましたね。

映画は観ていません。

 

 

【少年と犬】

著者:馳星周さん。

第163回直木賞受賞作。

あの「不夜城」の著者です。映画しか見てないけど。

少林サッカーのチャウ・シンチー(周星馳)のファンだからペンネームを

逆読みにされたそうですよ。

内容:6つの短編集で話が繋がっております。

感想:号泣。

 

 

【一人称単数】

著者:村上春樹さん

内容:6年ぶりに放たれる、8作からなる短篇小説集。

感想:まったく意味がわからん心地よさ。村上春樹わーるど。

 

 

【滅びの前のシャングリラ】

著者:凪良ゆうさん

2020年の本屋大賞受賞作「流浪の月」に続いて、

2021年の本屋大賞にもノミネートされています。

内容:1ヶ月後、小惑星が衝突し、地球は滅びる。

荒廃していく世界の中で、四人は生きる意味をいまわのきわまでに見つけられるのか。

感想:号泣。

ってなわけで、御覧のとおり読み散らかしました(・∀・)

ふうー(*´з`)

 

 

 

 

 

 

 

 

よみこみ中...

大福

ボクたちを押した分だけ、大きな福が届くからね

▲ だいふくボタン

この『だいふくボタン』は、熱田神宮で祈願し、実際に大きな福を詰め込んであります。

うまく動かないときは?

-バイクで登山部


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

3月のカレー

3月のカレー

  あ。 こんにちはヽ(・∀・ …

アルコールストーブ

アルコールストーブ

  お前の力を見せてみろ! & …

チームDaifukuツー

チームDaifukuツー

    永ちゃんがあ …

林道

林道

  ここは、タカドヤ湿地。 ど …

5月のカレー

5月のカレー

    令和元年もカ …

pagetop