バイクで登山部

12月の読書部

投稿日:

 

こんにちわ(・∀・)

ってなわけで、読書部です。

2021年もたくさんステキな本たちに出合えました。

12月は、もとやま文庫よりお届けいたします。

(スペシャルサンクス クロサマ)

 

 

【フェイクフィクション】

著者:誉田哲也 氏

内容:警察組織VS悪魔と呼ばれた男VSカルト教団VS元キックボクサー

首なし死体がすべての始まりだった。

感想:誉田さんらしくややグロイ系の警察小説でしたね。

誉田さんの書く心理描写が入り込みやすくて、好きな著者なのです。

 

 

【琥珀の夏】

著者:辻村美月 氏

内容:かつてカルト集団として批判された団体の敷地から子どもの白骨が発見された。

30年前の記憶の扉が開き、、、

感想:前作の「かがみの孤城」の方が好きというか、号泣でした。

 

そんなこんなで2021年に出合えた本たちは、33冊でした。

2021年(勝手に)河出賞を発表いたします。

 

「元彼の遺言状」

・・・続編出ましたね。内容覚えてないけどスピード感あって気持ちよい。

「ぼくはイエローでホワイトでちょっとブルー」

・・・こちらも続編出ましたね。多角的に物事を考えさせてくれます。

「ベルリンは晴れているか」

・・・衝撃ですよね。

「52ヘルツのクジラたち」

・・・よかった。

「少年と犬」

・・・号泣。

 

順位不同

 

以上です。編集長(‘◇’)ゞ

 

よみこみ中...

大福

ボクたちを押した分だけ、大きな福が届くからね

▲ だいふくボタン

この『だいふくボタン』は、熱田神宮で祈願し、実際に大きな福を詰め込んであります。

うまく動かないときは?

-バイクで登山部


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

10月の蕎麦

10月の蕎麦

  秋ですね( *´艸`) ひ …

5月の読書部

5月の読書部

  こんにちは。 カレー部にち …

9月のカレー部

9月のカレー部

  おつカレーライス(・∀・) …

天狗堂

天狗堂

    カレーせんべ …

メンテナンス

メンテナンス

    トリッカーく …


だいふくスタッフの楽しい日々

やっぱり仕事も勿論、休日や仕事が終わってからだって楽しくなくっちゃ。

『人生一度きり』

楽しく大笑いしていたいな

ここ楽しそう。私も行きたい。それいいじゃん。

などなどご紹介

とっことん楽しんだ方。

だいふく設立記念日の9月3日に、だいふく大賞贈呈でもっともっと

『大笑い』

こんなだいふくを、どうぞ宜しくお願い致します

以下の推奨ブラウザをご利用のうえ、JavaScript、Cookieが使用できる状態でご覧ください。

Google Chrome (最新版)
Microsoft Edge (最新版)
Safari (最新版)

Google Chrome (最新版)
Safari (最新版)

pagetop