かわブログ

今年の漢字

投稿日:

 

毎年、12月12日の漢字の日、全国からの応募で、今年の漢字が発表される。

 

今年の漢字は、『戦』でしたね。

 

戦うと言えば、1番始めに頭に浮かぶのが、ロシアとウクライナの戦争、今だに収束の目処は立っていない様子だが、1日でも早い収束を願います。

 

あとは、コロナとの戦いですかね。

今も、第8波の兆しが出て来ており、日に日に感謝が増えて来ていますね。

でも、以前よりは死亡率も減り、みなさん感染対策が分かって来たのか、感染者数の増加から来る、パニックや不安も減少して来たように思います。

これも見えない菌との戦いですね。

 

 

最近では、サッカー⚽️のワールドカップですね。

にわかファンの私ではありますが、それでも日本が🇯🇵戦っているとなると、応援したくなりますね。

 

暗いニュースが続いていた時だったので、日本のワールドカップでの活躍は、みんなに勇気と希望を与えてくれましたね。

同じ戦いですが、スポーツの戦いはやっぱりいいですね。

 

 

そんな今年の漢字

先日の支援センターしょうわでの勉強会でも、それぞれの今年の漢字を発表。

 

みなさん自分の今年一年どんな一年だったか、振り返ってみて、漢字一文字で表してみる。

 

 

私が選んだ漢字は、

『愉』

 

この漢字を選んだのには、理由がありまして。

名古屋昭和区の八事にある、興正寺と言う、立派なお寺があるんですが、そのお寺で、毎年6月ごろに、不動不屈不退転と言う、お祭り?お祓い?のようなものがあるんです。

 

 

このお祭りでは、この木札に自分の名前と、年齢を書き、お坊さんがお経を読んでもらっている時に、火にくべて、お祓いをしてもらい、最後に漢字を一文字頂くんです。

 

木札に漢字が書いてあり、その木札を一年お守りとして、肌身離さず持っているのですが、その時に頂いた漢字が『愉』なんです。

 

意味は、『逆境でも楽しむ余裕』

楽しむ、喜ぶという意味を持ちます。

心の中には様々な感情が渦巻きます。

不快な、あるいは邪な気持ちなど、負の感情を抜き去れば、そこには楽しい、素晴らしい心が必ずあるものです。

それに気付いてもらえるよう、愉の漢字を授けます。

 

そんな意味がある漢字。

 

 

確かにどんな状況であれ、自分の捉え方、気持ちの持ちようで起きている現実が、違う意味のものになってくる。

 

自分にとって嫌な出来事、辛い出来事も、成長するための経験

嫌なこと、理不尽なことを言って来る人がいても、

反面教師になって、おしえてくれている。

 

そんな風に思えば、ありがたい存在だし、ありがたい経験になる。

 

全ては自分から生まれる世界

全て順調ですね

 

 

かわ

 

よみこみ中...

大福

ボクたちを押した分だけ、大きな福が届くからね

▲ だいふくボタン

この『だいふくボタン』は、熱田神宮で祈願し、実際に大きな福を詰め込んであります。

うまく動かないときは?

-かわブログ
-, , , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

百聞は一見に如かず

百聞は一見に如かず

りんご食べたことありますか? &nbsp …

ケアマネジャーを知って欲しい

ケアマネジャーを知って欲しい

昨日は、とある中学校におじゃましていまし …

やらずして語れない

やらずして語れない

青空かと思えば、急に雷でどしゃ降り。 他 …

楽しい思い出

楽しい思い出

小学6年生になるムスコ。 もうすぐ修学旅 …

目標ではなく、目的

目標ではなく、目的

働きたい、考えたい、喜ばれたい &nbs …


だいふくスタッフの楽しい日々

やっぱり仕事も勿論、休日や仕事が終わってからだって楽しくなくっちゃ。

『人生一度きり』

楽しく大笑いしていたいな

ここ楽しそう。私も行きたい。それいいじゃん。

などなどご紹介

とっことん楽しんだ方。

だいふく設立記念日の9月3日に、だいふく大笑贈呈でもっともっと

『大笑い』

こんなだいふくを、どうぞ宜しくお願い致します

以下の推奨ブラウザをご利用のうえ、JavaScript、Cookieが使用できる状態でご覧ください。

Google Chrome (最新版)
Microsoft Edge (最新版)
Safari (最新版)

Google Chrome (最新版)
Safari (最新版)

お問い合わせ