かわブログ

板挟みになってしまうんですよね

投稿日:

どちらの意見も正しいし、どちらの立場になっても、

ひとつの正解を選択すれば、もう片方の方にとっては正解じゃなくなることってあるんですよね。

板挟みになってしまうこと。

 

先日、とあるケアマネジャーさんからの相談で、

担当する利用者さんは、ムスメさんご夫婦と暮らしている。

平日はデイサービスやヘルパーさんが支援してくださり、

なんとか自宅で生活できている。

ムスメさんが週末は休みなので、介護をしてくれるのですが、

 

家族の方は毎日仕事で、週末は休みだけど、自分のやりたいこともあまり出来ず、介護や家のことで休みが終わっていく。

自分の休みが欲しいと言われ、

ケアマネジャーさんが提案したことは、ショートステイ。

 

 

ショートステイはホテルのような感覚で、宿泊をすることが出来る施設なので、

家族は旅行に行ったり、夜間介護から開放されると言う利点から、

介護負担を軽減するときに、よく利用することが多いのですが、

利用者さんにとっては、自分が行きたいと思って行くわけではないので、とにかくイヤと思えば、行ってもらうことがなかなか難しい😓。

 

 

旅行でホテルに行くときは、それ目的でもあるので、楽しみがあるのですが、

ショートステイとなると、自分が望んでいるわけではないので、ハードルが高いんですよね。

 

家族のことを考えると、せっかくの休みなので、負担を少しでも減らしてあげて、リフレッシュして欲しい。

 

利用者さんのことを考えると、行きたくないと思っているところへ、無理やりに行かせることが申し訳なく思ってしまう。

 

 

介護って、利用者さん本人を支援することはもちろんのこと、

介護する家族や、周りの方を支援するものでもあるので、

なかなか難しい。

 

 

私がよく思うのは、家族あっての利用者さん。

介護って子育てによく似てるって言われるのですが、私は全く違うもので、真逆のことだと思っています。

 

子育てはどちらかというと、成長とともに自分で出来ることが増えていき、手が離れいくんですが、

介護は、良くなることは本当に少しで、悪くなることの方が多い。

そうすると当然介護の手間は増えるわけで、

どんどん支援が必要になってくる。

 

ゴールがどんどん離れて行く感じで、永遠に続くんじゃないかな、って思うほど。

 

 

なので、家族の負担軽減はとても大切なケアだと考えています。

 

利用者さんが行きたくなるようなショートステイ。

家族がリフレッシュ出来る環境。

 

ケアマネジャーさんが板挟みにならないような環境を作りたいですね。

 

 

かわ

よみこみ中...

大福

ボクたちを押した分だけ、大きな福が届くからね

▲ だいふくボタン

この『だいふくボタン』は、熱田神宮で祈願し、実際に大きな福を詰め込んであります。

うまく動かないときは?

-かわブログ
-, , , , , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

目の前のことを一笑懸命に

目の前のことを一笑懸命に

出来た〜❗️ …

会いたくなる電話対応

会いたくなる電話対応

お店に電話をかけて、対応してくださる方の …

ほったらかしは危険

ほったらかしは危険

最近自主性と言う言葉をよく耳にする事があ …

アセスメントが大事

アセスメントが大事

ウクライナとロシアの戦争がまだ続いている …

自分に期待

自分に期待

友人や家族、夫婦   相手に対 …


だいふくスタッフの楽しい日々

やっぱり仕事も勿論、休日や仕事が終わってからだって楽しくなくっちゃ。

『人生一度きり』

楽しく大笑いしていたいな

ここ楽しそう。私も行きたい。それいいじゃん。

などなどご紹介

とっことん楽しんだ方。

だいふく設立記念日の9月3日に、だいふく大笑贈呈でもっともっと

『大笑い』

こんなだいふくを、どうぞ宜しくお願い致します

以下の推奨ブラウザをご利用のうえ、JavaScript、Cookieが使用できる状態でご覧ください。

Google Chrome (最新版)
Microsoft Edge (最新版)
Safari (最新版)

Google Chrome (最新版)
Safari (最新版)

お問い合わせ