おすすめ記事 かわブログ

一件でも減らされるように

投稿日:2023年9月28日 更新日:

朝起きて、携帯を開いて、ニュースをみると、穏やかではないニュースが目に飛び込んできました。

 

27日午後2時過ぎ、静岡県富士宮市の富士脳障害研究所附属病院で、入院患者2人が刺され死亡し、容疑者とされる男もその場で自殺しました。

 

この文字だけ見ると、またどっかの悪いやつが、病院で無差別に包丁で刺したのかなと、思っていたら、よくよく記事の内容を読んでみると、そうではない内容だったんです。

 

73歳の無職の男は、名簿に名前を書き、病棟に入りました。

まず、長女(40)が入院していた部屋へ行き、刃物のようなもので刺した後、別の部屋に入院していた妻(72)を刺し、その場で自殺を図ったとみられています。

 

そうなんです。

刺したのは入院患者の1人妻の、ご主人さん。

もう1人は娘さんだったんです。

もっと詳しくみてみると、奥様と娘さんが入院をしていたのですが、

娘さんは20年前に、脳の血管の疾患で入院。

その後看病をされていたが、今度は半年ほど前に、奥様が同じような病気で入院。

2日に一度はお見舞いに来るほど、看病に熱心で、とても優しい方だったそうで、

近所の方に話を聞いても、

ご夫婦で近所の催し物などには参加されていて、清掃活動も積極的に参加されていて、

ご主人さんは自発的に、近所の草むしりをしていたそうなんです。

近所の方からも慕われる、穏やかな方だったそうなんです。

そんな方が、こんな事件を起こすなんて、

みなさん口を揃えて言うそうなんです。

でも、これが現実なんですよね。

私たちもケアマネジャーとして、高齢者の方や、ご家族様にお会いするのですが、

真面目な方ほど、相談できなかったり、頼ることが出来ないんです。

どこかで迷惑をかけてはダメだ、とか

自分がなんとかすれば良い、

なんとか出来る、なんとかしないといけない

そんな風に思ってしまい、どんどん自分の中にストレスや不安が溜まって行ってしまうんですよね。

そして限界に来ると、こんな事件のような結果になってしまう。

相談して欲しかった、と周りの方は簡単に言うのですが、相談ができないんですよね。

なので周りが気付いてあげなくてはダメなんですよね。

『大丈夫』はたいていの場合、大丈夫じゃない時が多いんですよね。

こんな酷い事件が一件でも無くなるようにしたいですね。

 

 

かわ

よみこみ中...

大福

ボクたちを押した分だけ、大きな福が届くからね

▲ だいふくボタン

この『だいふくボタン』は、熱田神宮で祈願し、実際に大きな福を詰め込んであります。

うまく動かないときは?

-おすすめ記事, かわブログ
-, , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

人間の身勝手

人間の身勝手

平成30年   年間38、00 …

思い込み

思い込み

今日のたなくじ⛩&#xfe …

辞められない止まらない

辞められない止まらない

田代まさし、5度目の逮捕   …

一歩を踏み出す

一歩を踏み出す

どんな事でも、今出来ているのは、やったこ …

タイガーマスクさんありがとう

タイガーマスクさんありがとう

朝事務所に出勤すると玄関にドでかい段ボー …


だいふくスタッフの楽しい日々

やっぱり仕事も勿論、休日や仕事が終わってからだって楽しくなくっちゃ。

『人生一度きり』

楽しく大笑いしていたいな

ここ楽しそう。私も行きたい。それいいじゃん。

などなどご紹介

とっことん楽しんだ方。

だいふく設立記念日の9月3日に、だいふく大笑贈呈でもっともっと

『大笑い』

こんなだいふくを、どうぞ宜しくお願い致します

以下の推奨ブラウザをご利用のうえ、JavaScript、Cookieが使用できる状態でご覧ください。

Google Chrome (最新版)
Microsoft Edge (最新版)
Safari (最新版)

Google Chrome (最新版)
Safari (最新版)

お問い合わせ