なぎブログ

視点を変えると、全てが良く見えるもの!

投稿日:

前回アップした、栗さんのかっこつけ写真

お笑いにしか見えない私に対して、カッコいいなんて言う、おかしな、失礼。素敵なニッチなファンさんがいるのです。

 

すると、プレイボーイの表紙にして下さったのです。

ほう。どうしてでしょう。私は寝不足なのでしょうか。カッコよく見えてしまう👏

 

月刊オグリ創刊号ですか。これなら買いたくもなるかもですね。

 

 

確かにね。これでモテるなら、学びたい本です🤣そして下の絵は、私が追加したのですが、このカバ🦛の絵

 

中1の、栗さん息子さんの作品なんです。

 

私の家に遊びに来てくれた時、ギターの練習の後、ずっと描いていた絵。本当に上手いんです。

 

と言う事はですよ🤭絶対そうだ。そうなりますよね。確か彼、言ってたんです。昔、絵を描く事が大好きな時があったと。

まさにこれ。辞書でもっと調べると

 

「蛙の子は蛙」の意味は、 平凡な親から生まれた子供は平凡である

→となると、やっぱり上手いと言う事🥰

 

 

「子供の性質や能力は親に似るものだ」というたとえで、よく使われることわざとして有名です。

→ですね。そう思う事が多いです🥰

 

 

持って生まれた能力や、育つ環境によって、子供はどうしても親の性質に似るもの

→お父さんの絵を、ずっと見てきたんでしょうね🥰

 

 

昨日、そんな話になったんです。

 

息子ちゃん本当絵が上手いよね〜って。びっくりしたと。そんな話の中で、栗さんはどうなの?

 

 

すると、栗さんはやっぱり言うんです。昔、本当に絵が好きで、よく描いていましたよって。

 

今度LINEスタンプを作りたいので、パソコンで書こうよと言う話になり、パソコンで絵を作る事にしたんです。

 

で、どれくらいの腕なんだろうと。まずはお互い、何も見ずにドラえもん描いてみようとなり。

 

 

 

マウスで描くのは、思ったより難しい。私も絵が好きと言う程度で、全くもって息子ちゃんには敵いませんでした。ガタガタのライン。バランスも悪い🤣

 

 

 

 

 

そして栗さん。息子ちゃんが、あれ程まで上手いのですから、きっと上手いんだろうな。

 

ここまでの流れで、きっと最後は笑いに変えたいんだろうな。そんな流れだともうニッチなファンさんなら感じているはずです。でもその逆なんです。

 

ではいきますね。

驚きますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

まつげありましたっけ?よく見たら首っ!?どう表現したらいいのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

お前っ!驚きを超えて、無茶苦茶下手やないかいっ!!!って言ってやらんかい

 

 

 

 

そこで思った事。蛙の子は蛙

じゃない🤪

 

 

 

 

でも待てよと。視点を変えて見たのです。このドラえもんがTシャツなら、欲しくなりませんか?

どう見るか。下手と見るのか、個性と見るのか。笑いをお届け出来る絵になるって事。

 

 

 

 

そうなんです。驚きますよって先程言った訳。

 

個性ある作品として、組み合わせる物によっては、ひとつのアートとなるし、欲しくなる。

 

栗さんの写真もそう。プレイボーイの表紙にしただけで、カッコよくも見えてしまう。

 

何でも視点を変えていったり、組み合わせる物や人で、どんな人も良い所しか見えなくなるって事🤪

 

 

って、そう言う事で、今日はこれ以上語らずに、終わった方がいい気がしてきました🤪

 

 

はい。

『素敵な華金となります様に👋

なぎ

よみこみ中...

大福

ボクたちを押した分だけ、大きな福が届くからね

▲ だいふくボタン

この『だいふくボタン』は、熱田神宮で祈願し、実際に大きな福を詰め込んであります。

うまく動かないときは?

-なぎブログ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

かけた準備時間は、最高の達成感へ変わる!

かけた準備時間は、最高の達成感へ変わる!

急いで山フェス準備です。 昨晩2人でやり …

言い訳捨てての挑戦の先は、結果笑顔!

言い訳捨てての挑戦の先は、結果笑顔!

出逢いには色々な出逢いがあるものです。 …

茨の道でも、夢の為なら全て乗り越えられるもの!

茨の道でも、夢の為なら全て乗り越えられるもの!

大きな夢があり、その夢に向かって一歩進む …

楽しく企画実行大笑い!

楽しく企画実行大笑い!

アイデアが閃く瞬間。   私は …

1歩踏み出した時の気持ちを、絶対忘れてはいけないもの!

1歩踏み出した時の気持ちを、絶対忘れてはいけないもの!

同じ志の方々と、こんなに出逢えたのは、本 …

pagetop