かわブログ だいふくの休日

クリニクラウン

投稿日:

クリニクラウン

 

始めて聞く言葉で、聞くまでそんな存在があることも知りませんでした。

 

クリニクラウンとは、小児科に入院する子供達に笑顔を届ける団体で。

毎日の不安な閉ざされた病院生活の中、子供たちに「ワクワクや楽しみ」「当たり前の子供らしい笑顔」をくれる人たち。

 

赤い鼻のクリニクラウンさんです!

 

 

実はこの団体の事を知ったのは、自分の身内で、生まれながらに心臓に病気を持って生まれてきて。

5歳という短い時間で人生を終えた芽依ちゃんという子がいるんです。

 

この子がその芽依ちゃん

 

 

その子がこのクリニクラウンのことが大好きで、いつ来てくれるかと心待ちにしていたんです。

 

来てくれる予定になっており、心待ちにしていたんですが、コロナの影響で来れなくなり、そのうち芽依ちゃんの体調が悪くなり、結局会えずに亡くなってしまいました。

 

その後リモートでも活動して頂けるようになり、コロナ禍でも、笑顔を届けることが出来ているそうです。

 

是非このクリニクラウンの活動を応援してあげて下さい。

当たり前のことが、当たり前に出来ない子供達に笑顔を届けてあげて下さい。

 

 

あかはなキーホルダー

 

 

 

かわ

よみこみ中...

大福

ボクたちを押した分だけ、大きな福が届くからね

▲ だいふくボタン

この『だいふくボタン』は、熱田神宮で祈願し、実際に大きな福を詰め込んであります。

うまく動かないときは?

-かわブログ, だいふくの休日


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

子供は遊びの天才

子供は遊びの天才

子供は遊びの天才❗ &nb …

ブレない情熱

ブレない情熱

記事を見てビックリしました&#x203c …

日本一のエンターテイメントを学びに

日本一のエンターテイメントを学びに

恥ずかしながら私、人生で2度目なんです& …

好きになることが1番の近道

好きになることが1番の近道

何が趣味なんだろう❓ &n …

ケアマネも多種性が求められる時代

ケアマネも多種性が求められる時代

いつも頂く楽しみにしているおたより通信が …


だいふくスタッフの楽しい日々

やっぱり仕事も勿論、休日や仕事が終わってからだって楽しくなくっちゃ。

『人生一度きり』

楽しく大笑いしていたいな

ここ楽しそう。私も行きたい。それいいじゃん。

などなどご紹介

とっことん楽しんだ方。

だいふく設立記念日の9月3日に、だいふく大賞贈呈でもっともっと

『大笑い』

こんなだいふくを、どうぞ宜しくお願い致します

以下の推奨ブラウザをご利用のうえ、JavaScript、Cookieが使用できる状態でご覧ください。

Google Chrome (最新版)
Microsoft Edge (最新版)
Safari (最新版)

Google Chrome (最新版)
Safari (最新版)

pagetop