かわブログ

慣れから来る失敗

投稿日:

保津川下りの事故が、ニュースで連日報道されていますね。

 

亀岡市から嵐山までの、川下りで、舟が岩にぶつかり転覆してしまい、乗客25人は全員救出されましたが、2人の船頭のうち、お一人は亡くなられて、もう1人の船頭さんは、川に流されており、70人の捜査員で探しているけど、まだ行方不明とのこと。

 

早い発見と無事を祈るばかりです🙏

 

 

私も以前、この保津川下りに乗ったことがあるのですが、楽しかった思い出と、船頭さんの舟の操作に惚れ惚れしたことを覚えてますね。

 

嵐山からトロッコ電車に乗って、亀岡市まで行き、そこから保津川を舟で帰ってくる。

 

船頭さんが長い棒?でいいのかな?

棒を使って、川底だったり、川にある岩を突いて、舟の向きを変えたり、流れていく方向を操作する。

 

慣れたもので、長い棒を巧みに使って、大きい岩や、川の曲がったところをクリアして行って、嵐山までの川下りを楽しんだ覚えがある。

 

 

今回の保津川下りの事故の船頭さんは、4人乗っており、みなさんベテランの船頭とのこと。

 

どんなことでも慣れた頃に事故が起きやすいとは言いますが、今回の事故も慣れが引き起こした事故かは分からないが、

慣れから来る失敗はどんな仕事でも、起こり得ることと言うか、大なり小なり必ず起きるものだと思いますね。

 

 

私もケアマネジャーになりたての頃は、慎重に慎重に、教えられたこと、気を付けないといけないことを、忠実に守りながら、確かめて、石橋を叩いて渡っていたのが、

少し慣れてくると、石橋を叩かないで渡ってしまうことがあり、トラブルになったり、ご利用者さんにイヤな思いをさせてしまったり、事業所さんにご迷惑をお掛けする事もありました。

 

 

色んな制度の説明も、ケアマネジャーのなりたての頃は、1から10まで自分も確かめながら細かいところまで、説明をするのですが、

慣れてくるとその時必要なことを、自分の判断で決めてしまい、その部分だけの説明にとどまり、あとからなんで教えてくれなかったの?! とトラブルになったりすることがありました。

 

慣れてくると、自分の判断で、

ここはこれくらいでいいだろう、

ここの説明はまだいいだろう、

とどこかで自分の中で決めてしまって、動いてしまい、後で決めたこととは違うこととなり、事故になってしまう。

 

 

どんなことでも

『初心を忘れるべからず』

初心だった頃の、気持ちを忘れずに、どんなことでも確かめながら、過信せずに進めていかないと、と改めて感じました。

 

船頭さんの無事を心から祈ります🙏

 

 

 

かわ

 

よみこみ中...

大福

ボクたちを押した分だけ、大きな福が届くからね

▲ だいふくボタン

この『だいふくボタン』は、熱田神宮で祈願し、実際に大きな福を詰め込んであります。

うまく動かないときは?

-かわブログ
-, , , , , , , , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

結果よりも大切なこと

結果よりも大切なこと

どうしても、自分が出来ているから、その目 …

自分に期待

自分に期待

友人や家族、夫婦   相手に対 …

先輩が後輩をサポートしてくれる環境

先輩が後輩をサポートしてくれる環境

休みはあっという間に過ぎてしまいますね。 …

定年は自分が決めるもの

定年は自分が決めるもの

先日インターネットニュースで見た記事 ま …

介護は笑顔の種

介護は笑顔の種

せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけ …


だいふくスタッフの楽しい日々

やっぱり仕事も勿論、休日や仕事が終わってからだって楽しくなくっちゃ。

『人生一度きり』

楽しく大笑いしていたいな

ここ楽しそう。私も行きたい。それいいじゃん。

などなどご紹介

とっことん楽しんだ方。

だいふく設立記念日の9月3日に、だいふく大笑贈呈でもっともっと

『大笑い』

こんなだいふくを、どうぞ宜しくお願い致します

以下の推奨ブラウザをご利用のうえ、JavaScript、Cookieが使用できる状態でご覧ください。

Google Chrome (最新版)
Microsoft Edge (最新版)
Safari (最新版)

Google Chrome (最新版)
Safari (最新版)

お問い合わせ