かわブログ

失敗は成功のもと

投稿日:

介護の仕事を始めた時は、会社の仕方なんか全然分からなかったので、とにかく力任せに介助をしていましたね。

 

やり方も分からないので、とにかく転倒させないように介助したり、時間がないから、こっちで着替えさせたり。

 

とにかく今思うと、介助というより、何も考えずにただ作業をしていた覚えしかない。

私が介護で働いた現場は、午前中に90人ほどの利用者さんを入浴♨️に入れるような、大きな施設だったので、

お風呂場なんて戦場のようでしたね、

魚市場のような掛け声が飛び交い、誰かを介助してたら、違うところに呼ばれて、介助していた利用者さんそっちのけで、そっちに行ったり、

利用者さんの頭を洗っていても、周りに目を配り、利用者さんの頭の上で大きな声で、違う人に指示を出したり、

途中で違う人の介助に入ったり、

今思うと、すごいことしてたなぁ、と恥ずかしくなりますね。

 

 

でも、そのおかげがあってか、色んな症状の方を介助することが出来て、色んな経験が出来ましたね。

 

中には失敗することも多々あって、

機械浴といって、寝たきりの方や、立位がうまく取れない方が、椅子に座ったまま、湯船に浸かるお風呂で、

機械を操作するのですが、イスから足が落ちているのを気付かずに、機械と浴槽の間に足を挟んでしまったり、

 

お風呂から出る介助をしている時に、利用者さんが足を滑らせたので、支えようと思ったら、裸なので手が滑って、湯船の中で転倒させてしまったり、

 

とにかく色んな失敗を経験してきたというか、させてもらえたな、って思います。

そんな経験が出来たからこそ、色んな危険予知が出来たり、自然と確認するクセがついたり、

事故がおこらないように、前もって対策をするようになりましたね。

 

 

ケアマネジャーになっても一緒で、役所への書類提出でも、遅れてはいけないのに、それを知らなくて、事業所さん、利用者さんにご迷惑をかけてしまったり、

色んな提案をするのですが、利用者さん、ご家族さんの受け入れが出来なくて、

かえって不信感をいたかせてしまったり。

 

失敗や、ヒヤッとすることを経験することで、初めて気付くこともある。

どれだけ言われたり、アドバイスをもらっても、これ今言ったらダメだなぁ、とか

この作業する時って、違う市はどうなんだろう、って

経験しないと疑問も、感覚も生まれないんですよね。

 

 

しかも成功した経験よりも、失敗した経験の方が強く覚えていますし、勉強にもなっているんですよね。

なので結局は成功なんですよね。

 

 

かわ

よみこみ中...

大福

ボクたちを押した分だけ、大きな福が届くからね

▲ だいふくボタン

この『だいふくボタン』は、熱田神宮で祈願し、実際に大きな福を詰め込んであります。

うまく動かないときは?

-かわブログ
-, , , , , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

勘違いしがち

勘違いしがち

ケアマネの仕事をしていて、たまに事業所の …

諦めなければ必ず出来る

諦めなければ必ず出来る

光KANJI企画も終わり、ローラースケー …

自分は正しいは自分を苦しめる

自分は正しいは自分を苦しめる

先日子供のテストがあり、その問題を家族で …

3歩進んで、4歩下がる

3歩進んで、4歩下がる

真夜中のオヤジダンサーズ&#x1f57a …

新しい年度の始まり

新しい年度の始まり

今日は名古屋市の小学校の入学式&#x1f …


だいふくスタッフの楽しい日々

やっぱり仕事も勿論、休日や仕事が終わってからだって楽しくなくっちゃ。

『人生一度きり』

楽しく大笑いしていたいな

ここ楽しそう。私も行きたい。それいいじゃん。

などなどご紹介

とっことん楽しんだ方。

だいふく設立記念日の9月3日に、だいふく大笑贈呈でもっともっと

『大笑い』

こんなだいふくを、どうぞ宜しくお願い致します

以下の推奨ブラウザをご利用のうえ、JavaScript、Cookieが使用できる状態でご覧ください。

Google Chrome (最新版)
Microsoft Edge (最新版)
Safari (最新版)

Google Chrome (最新版)
Safari (最新版)

お問い合わせ