かわブログ

物にも感謝する気持ち🙏

投稿日:

先日毎月の訪問で、裁縫が好きな🧶利用者さんのところに行った時の話です。

 

その方は裁縫が大好きで、昔は着物も自分で作ったり、子供のセーターや、自分のジャケットや、コートなんかも手作りで作っていたそうなんです。

 

その洋服を今でも大切に使っていて、古い感じはありますが、昭和レトロな感じで、生地もしっかりしていて、今でも十分かわいくて、大切にされているのが分かります👘

 

 

そんな利用者さんの裁縫箱を見てみると、曲がった針が🪡何本も入れてあり、

曲がった針でも使うのかと思い聞いてみると、その針は厚手のものを縫おうとしたり、力を入れすぎて曲がってしまった針とのこと🪡

 

捨てないのかと聞くと、針供養するために取ってあるのだそうです。

針供養❓❓

針供養とは神社やお寺で、人形供養などがあるのと一緒で、針を供養する風習があるとのことなんです。

 

 

今まで使って来た針🪡が、曲がったり、錆びたりした針を、豆腐やこんにゃくなど、柔らかいものに刺して、神社やお寺に納めるのだそうです🙏⛩

 

なぜ豆腐に? と思いますよね。

 

豆腐にいっぱい針をさしていくのだそうですが、

これは何度も布などに刺されて働いてきた針に、

「今まで力を貸してくれてありがとう」

「最後は柔らかいものの上で休んでほしい」

という感謝とねぎらいの思いがこめられているのだそうです🙏

 

日本ではどんなものにも魂が宿っているという考え方を大切にしていて、

針以外にも人形もそうですが、財布や靴など、

今まで使っていたものが、使わなくなった時に、供養をする風習があるのだそうです。

 

使えなくなれば消耗品としてただ捨てるのではなく、

きちんと物への感謝を表す習わしなんだそうです。

 

 

改めて自分に当てはめてみると、恥ずかしい思いと共に、物にも感謝しないとな、って改めて考えさせられましたね。

 

毎日使うペンや紙、カバンや靴、車もパソコンも、

みんなが居てくれたから仕事も出来たし、遊ぶ事もできました。

 

1番頑張って来た時間を共にして来たのも、その道具たちなんですよね。

 

道具や物に対しても

「いつも頑張ってくれてありがとう」

「力をくれてありがとう」

 

という感謝の気持ちを忘れずにいたいものですね。

 

 

私はなかなかものが捨てれない性格で、

古くなったり、使えなくなったものがあって、

買い替えても、昔の物が捨てられずに、

新しいのが使えなくなってしまうかも、って思ってしまって、どんどん物が増えてくるんですよね。

でもこの供養という考えがあれば、物を整理したり、

処分することが出来る。

 

 

何事にも感謝の気持ちは必要ですね🙏

 

 

 

かわ

 

 

 

よみこみ中...

大福

ボクたちを押した分だけ、大きな福が届くからね

▲ だいふくボタン

この『だいふくボタン』は、熱田神宮で祈願し、実際に大きな福を詰め込んであります。

うまく動かないときは?

-かわブログ
-, , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

頭が拒否するんだろうか?

頭が拒否するんだろうか?

今日は朝から雨☔&#xfe …

自分自身で成長

自分自身で成長

人生には必要な事しか起こらない &nbs …

学びはきっかけ

学びはきっかけ

歴史の授業が嫌いだった私   …

今年の漢字

今年の漢字

戦   毎年、12月12日の漢 …

勘違いしがち

勘違いしがち

先日医療、介護、福祉、それに関わる方たち …


だいふくスタッフの楽しい日々

やっぱり仕事も勿論、休日や仕事が終わってからだって楽しくなくっちゃ。

『人生一度きり』

楽しく大笑いしていたいな

ここ楽しそう。私も行きたい。それいいじゃん。

などなどご紹介

とっことん楽しんだ方。

だいふく設立記念日の9月3日に、だいふく大笑贈呈でもっともっと

『大笑い』

こんなだいふくを、どうぞ宜しくお願い致します

以下の推奨ブラウザをご利用のうえ、JavaScript、Cookieが使用できる状態でご覧ください。

Google Chrome (最新版)
Microsoft Edge (最新版)
Safari (最新版)

Google Chrome (最新版)
Safari (最新版)

お問い合わせ