ヤン

道標を頼りに。

投稿日:

今日は土曜日。息子のドラム教室が、夕方の四時からあるので、一緒に出掛ける。

いつもの、ドラム教室だが、今日はちょっと違う❔らしい。

『今日から、教室の場所が地下室になってるから。初めての場所で心配だから。まーが、教室前まで、ついてきて欲しいって。』とカミさんより、申し送りされている。

行き方についても、カミさんがお店の人から、聞き取り済み。『今まで、上がっていた階段の隣にある、下り階段で、行って下さい。』と指示を受けたそうだ。

 

👍今日は完璧だ。迷う要素なんて、何一つ有りはしない👍

さらに、念には念を入れて、10分前に入店する🐾 ドラマー風な小学生と、その付き人風なサラリーマン2人組。

階段を見つけて、指示通りに降りる。(ほらね、完璧じゃん。)

👇

【スタッフ専用入口】

ヤンと、まーが、ドアの前で立ち尽くす。 (@_@) ・・・・・。(ほらね(ーー;)

その後、それほど大きくない店内を、焦る二人が、楽器の中🎸🥁を、教室の場所を探してぐるぐる。

そして数分後。

あ・・・。

 

案内板見つけた。

階段を下りる。(急げ急げ)

 

間に合った。よかった。 ホッ とするヤン親子。

今日も、間違った情報に翻弄され、苦笑いなひととき。

大人になって、社会に出ると、仕事やプライべートな事で、進むべき道が分からなくなる。自分を見失うことがあった。

社会人になること。大人になるということは、自分自身で物事を判断することができるようになったと、みなされること。

いつも、誰かが助けてくれるとは限らない。

そんな時に、自分の進むべき道を示してくれたり、自分を取り戻すきっかけを示してくれる物。

それが『道標』

 『道標』それは、言葉であったり、書物であったり、人の存在その物であったりする。

でも、『道標』は自分自身で探したり、求めなければ、目の前には表れないと思う。

色々な人生経験をして、ケアマネジャーの仕事に就いた。経験を積み重ねて、以前よりも『道標』を見つけることが、少しは上達したようだ。

それに、『道標』を示してくれる、大勢の仲間の中がいるということが、とても心強いと思っている。

 

自分の人生の転機となった、あの日まで ・・・。 あと13日

ヤンより。

よみこみ中...

大福

ボクたちを押した分だけ、大きな福が届くからね

▲ だいふくボタン

この『だいふくボタン』は、熱田神宮で祈願し、実際に大きな福を詰め込んであります。

うまく動かないときは?

-ヤン
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

窓を開けると、そこには・・・・やつがいた。

窓を開けると、そこには・・・・やつがいた。

気象予報のプロフェッショナルからの情報が …

今度は・・・

今度は・・・

名古屋は、モーニングサービスの文化が根強 …

パパは満足。 家族はあ然。

パパは満足。 家族はあ然。

ここ最近、休日の昼食は、ドライブスルーで …

🚪『扉』から・・・・。

🚪『扉』から・・・・。

私たちが、日常生活で何気に行っていること …

鉄の心臓のお話

鉄の心臓のお話

昨年、だいふく笑品の中で、【社長宅へ一泊 …


だいふくスタッフの楽しい日々

やっぱり仕事も勿論、休日や仕事が終わってからだって楽しくなくっちゃ。

『人生一度きり』

楽しく大笑いしていたいな

ここ楽しそう。私も行きたい。それいいじゃん。

などなどご紹介

とっことん楽しんだ方。

だいふく設立記念日の9月3日に、だいふく大賞贈呈でもっともっと

『大笑い』

こんなだいふくを、どうぞ宜しくお願い致します

以下の推奨ブラウザをご利用のうえ、JavaScript、Cookieが使用できる状態でご覧ください。

Google Chrome (最新版)
Microsoft Edge (最新版)
Safari (最新版)

Google Chrome (最新版)
Safari (最新版)

pagetop