ヤン

親から子へ・・・・・。

投稿日:

ケアマネジャーの担当するケースは様々。

支援に工夫が必要な場合も増えて、職員同士や、仲間の経験、アイディアが必要になっている。

『経験や、アイディアを用いながら、仕事が進められるようにしたい。』

『自分の経験や、得られた知識、悩んだ事も含めて、より良い仕事のために、仲間に残していきたい。』

そう思いながら、日々励んでいる。

 

先日、大好きな方の目に留まった、私のネクタイについての話。

ネクタイ話には、色々な思いがある。

私が、ネクタイを締め始めたのは、社会人になってから。(当時は、段ボール屋さんの営業マン)

介護の現場時代、ケアマネジャーの制服着用時代を除いて。ネクタイを締める機会があった。

最近は、益々ネクタイを締める頻度も増えている。

皆様のご存知の通り、ネクタイの締め方もは、フォーマルな感じから、カジュアルな感じの締め方まで様々。

調べてみると・・・・・。

プレーンノット、ウインザーノット、セミウィンザーノット・・・・・等々。数も多い。

色々と、おしゃれな締め方があるが、私ができるのは、この締め方のみ。

締め方は、父親から伝授。

当時の事を振り返ると、父親と一緒に過ごした時間は多い方なのだが。

なにせ、私の父親は、運動があまり得意ではない。お酒も飲まない、趣味も限られているタイプ。

『外国語の勉強が趣味。(英語、スペイン語)』

と自信を持って家族に話す父親。

土日の休みになると、居間でラジオをかけながら、独り外国語の勉強している。

その影響もあるのか、我々兄弟に、遊びの指南をすることがあまり無い。(勉強に取り組む姿勢は、とても尊敬している。)

 

 そんな中で、唯一。

    本当に、唯一。 

     父親に手ほどきを受けて、受け継いだこと。

      それが、ネクタイの締め方だった。

 

父親からの教えが、記憶に留まらない事が寂しくて。

だから・・・・・

『ひとつぐらいは、親から受け継いだことを、日常生活の中で、続けていきたいな。』

そんな思いが、年齢を重ねて強くなった。

『私は、何を息子に残せるのかな?。』そんな事も考えるようになった。

そして今日も、受け継いだ方法で、ネクタイを締めて、仕事に出かけている。

父親の存在を首元に感じながら。

 

父親も、苦労した。ネクタイの締め方を、自分以外の人に教える事に。

ブログ用の写真のために、いつもの3倍の時間をかけて(苦労して)、ネクタイを締めた・・・・・漢                 

ヤンより。

 

 

 

 

よみこみ中...

大福

ボクたちを押した分だけ、大きな福が届くからね

▲ だいふくボタン

この『だいふくボタン』は、熱田神宮で祈願し、実際に大きな福を詰め込んであります。

うまく動かないときは?

-ヤン
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヤンの、眼鏡越し世界から。⑧

ヤンの、眼鏡越し世界から。⑧

『暑い。』『まだまだ暑い~。』 と、最近 …

ガーディアン

ガーディアン

4月も、もう残りわずか。 新しい環境で、 …

鉄の心臓のお話

鉄の心臓のお話

昨年、だいふく笑品の中で、【社長宅へ一泊 …

ちょっと、そこまで・・・・・。

ちょっと、そこまで・・・・・。

新春を迎えると、普段はなかなか会えない、 …

オールドタイプ 👔

オールドタイプ 👔

今は、【クールビズ】の考え方も定着してい …


だいふくスタッフの楽しい日々

やっぱり仕事も勿論、休日や仕事が終わってからだって楽しくなくっちゃ。

『人生一度きり』

楽しく大笑いしていたいな

ここ楽しそう。私も行きたい。それいいじゃん。

などなどご紹介

とっことん楽しんだ方。

だいふく設立記念日の9月3日に、だいふく大笑贈呈でもっともっと

『大笑い』

こんなだいふくを、どうぞ宜しくお願い致します

以下の推奨ブラウザをご利用のうえ、JavaScript、Cookieが使用できる状態でご覧ください。

Google Chrome (最新版)
Microsoft Edge (最新版)
Safari (最新版)

Google Chrome (最新版)
Safari (最新版)

お問い合わせ