かわブログ

相手の身になった時初めて分かること

投稿日:

数日前にギックリ腰をしてしまい、すぐ良くなるだろうと、甘く考えていたが、なかなか治らない…😅

むしろどんどんイタミが増しているよう感じる…😅

 

日常の生活は出来るものの、階段を登ったり、降りたり、

床に落ちた物を持ったり、重たい物を持ったり、とにかく何をするにでも、腕で支えないと、動作が出来ないカラダに🤣

 

寝ているだけでもイタイので、体制を変えようとする、

寝返りをうつそれだけでイタイので、でも途中で止まるわけにはいかないので、動くと、どこの位置が楽なのか分からず、

痛みに耐えれず、また同じ体制に戻る…。

戻ったあとに、何やってるんだろう…。

 

って痛みと、動いたけど体制が戻っている、自分の情けなさでイヤになってくる…。

 

 

カラダに痛みや、不自由なところがない時には気が付かなかった、

階段の手すりや、お風呂場の手すり、

長い時間立っていることも出来ないし、座ろうとしても、床には座ることは出来ない、

イスの有り難みが身にしみますね。

 

 

ケアマネジャーをしていて、病気の方や、カラダの一部が不自由になった方のプランを立てているが、

その方の思いや、生活をイメージして、

何をしたいのか、どんな思いになっているか、

どんなことが困難になっているのか、何が出来なくて、何が出来るのか。

 

そんなことをよく考えてプランを立てるのですが、これは実際、自分自身が出来なくならないと、分からないことばかりですね。

 

目の前のリモコンをとって、エアコンのスイッチを押すだけで、一苦労する。

そんなことが、カラダに何不自由のない者が考えもつかない。

目の前にあるんだから、パッと取って、ピッと押せば済む、って思ってしまう。

それが出来ない人だっているってこと。

 

 

今生きている世界は、基本的に健常者が生活できるように作られている。

今でこそバリアフリーが勧められて、スロープや、段差のない空間が作られていますが、

基本的ことを言えば、二本足で歩ける人用に作られている世界。

 

 

ケアマネジャーをしていて、よく思うことが、この二本足で歩けなくなった時に、生活がガラッと変わってしまうこと。

 

車椅子の生活になると、階段を1人では登れなくなる。

歩行器が必要になると、狭い空間では歩けない。

杖が必要になると、荷物を手で持つことが出来ない。

そんな方たちのことも考えられた世界にはまだまだなっていない。

 

どんな状況や、どんなカラダになっても、楽しみや、自分の好きなことが出来る世界やプランを立てて行きたい。

 

 

かわ

 

よみこみ中...

大福

ボクたちを押した分だけ、大きな福が届くからね

▲ だいふくボタン

この『だいふくボタン』は、熱田神宮で祈願し、実際に大きな福を詰め込んであります。

うまく動かないときは?

-かわブログ
-, , , , , , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

確かめる事が大切

確かめる事が大切

先日話の中で、   夕陽のよう …

攻めた失敗

攻めた失敗

今日から4月 新年度の始まりです。 &n …

ケアマネ合格おめでとうございます❗

ケアマネ合格おめでとうございます❗

なぎブログにもありましたが、ケアマネの合 …

我をなくす

我をなくす

初詣🙏   毎 …

見えないからこそ、相手のことを想って

見えないからこそ、相手のことを想って

台風の雨風が強くなってきましたね。 &n …


だいふくスタッフの楽しい日々

やっぱり仕事も勿論、休日や仕事が終わってからだって楽しくなくっちゃ。

『人生一度きり』

楽しく大笑いしていたいな

ここ楽しそう。私も行きたい。それいいじゃん。

などなどご紹介

とっことん楽しんだ方。

だいふく設立記念日の9月3日に、だいふく大笑贈呈でもっともっと

『大笑い』

こんなだいふくを、どうぞ宜しくお願い致します

以下の推奨ブラウザをご利用のうえ、JavaScript、Cookieが使用できる状態でご覧ください。

Google Chrome (最新版)
Microsoft Edge (最新版)
Safari (最新版)

Google Chrome (最新版)
Safari (最新版)

お問い合わせ