じゅんじゅん

だいふくモルックAチームの軌跡〜死闘!決勝トーナメント編〜

投稿日:

こんにちは!

支援センターしょうわの水下(じゅんじゅん)です!

今回は、モルック決勝トーナメントのお話しをば。

⬇️これまでのあらすじはこちら⬇️

https://daifuku93.jp/2023/10/22/post-45335/

 

予選リーグを2位で勝ち抜け、決勝トーナメントに進んだ我々だいふくAチーム。

相手は前回王者のなないろAチーム。

前回の決勝トーナメントでも屈した因縁の相手。

今回こそはリベンジだ!

 

 

予選リーグ後の昼ご飯休憩を利用して、被害者の会と練習試合。

聞けば被害者の会は全勝で予選を勝ち抜けたと。

そんな被害者の会との練習試合が良い刺激になったのか、調子も上向き。

片やなないろさんチームは、BBQしたりとゆったり過ごしている。

ぐぬぬ、これが王者の貫禄か。

※冗談ですよ、なないろさん。焼きそばにスパムおにぎり、コーヒーまでありがとうございました!どれもとても美味しかったです😊

 

 

だいふくBチームも決勝トーナメントに進出ひており、相手は我々が予選リーグで黒星を喫したプラスワン A.R.E。

我々のリベンジを果たしてくれ!と思いを託した、決勝トーナメント初戦。

まさかの敗戦。

 

それも3人連続失敗という、これまた残念な負け方😢

 

この時点でだいふくで優勝の可能性があるのは、Aチームのみ。もう負けられない。

そして、決戦の火蓋が切られる。

 

🔥だいふくAチーム VS なないろAチーム🔥

 

 

序盤からだいふくAチームが得点を重ね、なないろAチームをリード。

試合が進むにつれ点差も徐々に開き、王者を倒すまであと一歩のところまで来たのです。

 

 

だいふくAチームの点数は45点。

あと5点取れば、だいふくAチームの勝利。

その場面で、私の順番が回ってきたのです。

 

5点のスキットルのみ、1本倒せば勝利。

しかし、5点スキットルのすぐ横に3番スキットルが鎮座している。

複数本倒した場合、倒したスキットルの本数が点数となるので3番スキットルも倒してしまうと、2点で47点。50点には届かず、相手のターンになってしまう。

 

 

ここで決める。

 

決めなきゃいけない。

 

よくわかんないけど、ここで決めないとまずい予感がする。

 

運命の一投。

ダメな時は投げた瞬間にわかるんです。

あっ、ダメだって。

でも、この時投げた瞬間にわかったのは「当たる」。

会心の一投。

 

この後の出来事はスローモーションで見えて、鮮明に覚えています。

 

美しい放物線を描いて5番スキットルに当たるモルック棒。

倒れる5番スキットル。挙がる両手。川島さんが笑顔で両手を挙げている。

やっと勝ったんだ!

そう思った瞬間、

 

👩「あんた、ウチ抱くにはまだ早いで。」

 

勝利の女神の声が聞こえ、隣の3番スキットルがゆっくりと倒れたのです。

本当にゆっくりと。

挙げた両手は勢い良く太腿を叩く。

川島さんが崩れ落ちている。

掴みかけた勝利がこぼれ落ちていくような感覚。

 

まずいぞ、これは。

 

 

そんな思いに呼応するかのように、高得点を重ねるなないろさん。

 

片やだいふくAチームは残り3点のまま。

 

 

本当にあと数点が遠い。

 

 

なないろさんの絶妙なショットで、3番スキットルだけ倒すことも、スキットルを3本だけ倒すことも難しい局面に。

結果、3本以上スキットルが倒れてしまい、だいふくまさかのバースト。

その次のターンでなないろさんが、ピンポイントでスキットルを倒して勝負あり。

去年のリベンジを果たせず、またしてもなないろさんに屈しました。

 

 

 

サッカーでいうところの「試合の締め方」。

リードしていても、最後まで気を緩めてはならん。

ほんのちょっとしたミスで相手が息を吹き返し、逆転されるきっかけを与えてしまう。

 

そんなことを実感した、この試合。

結果、だいふくは決勝トーナメントで敗れ去りましたが、同じ愛知県の「被害者の会」チームが見事優勝を果たし、愛知県にトロフィーを持ち帰りました。

 

嬉しくはあるものの、やはりどこか悔しさが残る。

あの一投が悔やまれる。

 

 

次は来年4月の第3土曜に開催されるという、全国ケアマネモルック大会。

次こそは優勝トロフィーをこの手に!

 

なないろさん、会場の手配や大会の運営など、ありがとうございました😊

参加された他のチームの皆さんもお疲れ様でした!また来年お会いしましょう!

よみこみ中...

大福

ボクたちを押した分だけ、大きな福が届くからね

▲ だいふくボタン

この『だいふくボタン』は、熱田神宮で祈願し、実際に大きな福を詰め込んであります。

うまく動かないときは?

-じゅんじゅん


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

夏の日の1999

夏の日の1999

こんにちは! 支援センターしょうわの水下 …

ニシエヒガシエ

ニシエヒガシエ

  こんにちは! 支援センター …

だいふくマラソン部日誌〜時は来た、それだけだの巻〜

だいふくマラソン部日誌〜時は来た、それだけだの巻〜

こんにちは!   支援センター …

ノースペイン🇪🇸、ノーゲイン(痛みなくして得るものなし)

ノースペイン🇪🇸、ノーゲイン(痛みなくして得るものなし)

  こんにちは! 支援センター …

マラソンなんて自分には無理?バハマ(ばかや)ろー!

マラソンなんて自分には無理?バハマ(ばかや)ろー!

こんにちは! 支援センターしょうわの水下 …


だいふくスタッフの楽しい日々

やっぱり仕事も勿論、休日や仕事が終わってからだって楽しくなくっちゃ。

『人生一度きり』

楽しく大笑いしていたいな

ここ楽しそう。私も行きたい。それいいじゃん。

などなどご紹介

とっことん楽しんだ方。

だいふく設立記念日の9月3日に、だいふく大笑贈呈でもっともっと

『大笑い』

こんなだいふくを、どうぞ宜しくお願い致します

以下の推奨ブラウザをご利用のうえ、JavaScript、Cookieが使用できる状態でご覧ください。

Google Chrome (最新版)
Microsoft Edge (最新版)
Safari (最新版)

Google Chrome (最新版)
Safari (最新版)

お問い合わせ