なぎブログ

デジタル社会に時々アナログで、作り出せる笑顔!

投稿日:

写真を整理していて、ついつい笑ってしまった一枚😄

この写真は、昨年のイベント、変顔コンテスト写真の時。笑顔砲企画として、沢山の笑いを詰め込んで、放った一枚の作品。

 

 

 

 

まさかね🤣

この顔が

こうなれば、そりゃ子供達怖い😱

 

 

 

今の時代、白塗りなんてすぐにデジタルでやれてしまう時代

しかしやっぱり、こういう闘いにデジタルはアナログに敵わないのは、そこにかけた手間や、なかなか出来ないからこそ、笑顔になるもの。

 

でも変顔メイクというと、あの時の闘いは、殆どがみんな白塗りで。

 

ともさん

 

 

 

 

 

かわさん

これでは接戦になる訳です。

 

 

そこで、その昔流行った清水アキラさんのセロテープものまねで勝負していたら、また違う闘いだったはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

セロテープの消費量が、増えたものです😄

 

人は見慣れてきてしまうからこそ、また闘いをする時は、白塗りよりも、今こそセロテープネタが、強いのかもしれません。

 

余興をやっていても、その年で流行ったネタと言うのは、見慣れていくからこそ、そこでやっても、あまり笑顔に出来なかった過去。

 

また人にはイメージがあり、その人の印象を超えてしまうと、空気が凍える経験も数知れず🤣

 

私がとにかくだだ滑りした余興のひとつで、よゐこの濱口さんの

このネタを20代の時にやったのです。あの時はみんな唖然。自分も場所誤ったなと。

 

周囲は、どうしちゃったのと言う程、凍え切った時があったもの。

 

今なら何やっても大丈夫でしょうけどね

 

とにかく勝率は3割。殆ど凍える余興ばかりの中、時々ウケる3割が嬉しくて、この福祉の仕事を始めてから、自分なりにレベルは上げてきた。つもり🤣

 

でも何よりも、いくらだだ滑りしても、共に作り上げたその時間こそ、チームワークがガッチリなる時。

 

不思議なもので、ステージに立つ時も、恥ずかしがってやると、見て下さる側も恥ずかしくさせてしまう。だだ滑りの時の共通点。

 

いくら失敗しても失敗と見せない、あたふたしない技も身につけたりして。

 

 

 

 

 

時代は全てデジタル化。しかし、まだまだアナログが強い場所がある。

 

手紙もそう。やっぱりアナログに勝るものはない。どんなに字がうまかろうが、下手であろうが、字から伝わる温かみ。

 

その方の性格が現れたり、気持ちが感じられたり。何よりもそこにかけて下さった時間が分かるからこそ、そこに愛を感じるもの。

 

見慣れた光景に人はサラッと流してしまいやすいからこそ、たまには令和に昭和を取り入れると、なるほどなんて時々ヒット。そして心の中でガッツポーズ🥰

 

そんな勝率3割が、今年は何割出せるのでしょうね。

 

それでは本日も、より楽しく心躍る一日となります様に👋

なぎ

よみこみ中...

大福

ボクたちを押した分だけ、大きな福が届くからね

▲ だいふくボタン

この『だいふくボタン』は、熱田神宮で祈願し、実際に大きな福を詰め込んであります。

うまく動かないときは?

-なぎブログ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

歳を重ねたからこその、届けられる言葉の重み!

歳を重ねたからこその、届けられる言葉の重み!

  以前ふと見たこの映画 定年 …

平成最後のやり残した挑戦企画!

平成最後のやり残した挑戦企画!

Amebaブログから質問され https …

はじめの一歩は、新たな笑顔探し!

はじめの一歩は、新たな笑顔探し!

ひとつ前の記事。ひでさんが改名してますね …

心のコップが溢れ出す前にやるべき事!

心のコップが溢れ出す前にやるべき事!

『たったこれだけの仕事で辞めてしまう』 …

多くの力が集まれば、大きな力となる!

多くの力が集まれば、大きな力となる!

宅さんの強い想い   &nbs …

pagetop