ヤン

随分と、出世しましたね。

投稿日:

私が子供の頃、まだ新聞の折り込みチラシが、片面刷りが多かったあの頃。

もったいないから、チラシは、メモ用紙や、工作材料に転用されていた。

そして現在。輸送に使用される、段ボール箱の隙間を埋め、品物が傷つかない様に、使われている紙。

これは末娘ポテトの床材に転用される。

(新聞は、ポテトの体にインクが付いて、パールホワイトが灰色になっちゃうからNG。)

※時々、猪の子に見える。わが末娘のポテト

『不要な物、ちょっと意識を変えて。ちょっと工夫すれば、ほらリサイクルできる。』

 

そう言えば、私の前職業は段ボール屋さん。

『リサイクルの優等生』

そう言われた時代もあり。

今は、世の中の変化に対応し、素材の特性と良さを生かして、災害時の避難スペースや、仕切りにも利用。

だけど、主たる役割は、『商品を安全に、傷つけずに、お客様の元に運ぶこと。』

でも、この段ボール箱も、立派な商品でもある。

しかし、段ボール箱の役割は、あくまでも輸送のための道具。

私が働いていたころは、残念なことに、ダンボール箱自体に、商品としての付加価値がほとんど付かなかった。

(理由は、大手企業が作っても、中小企業が作っても、概ね同じ段ボール箱は作る事ができる。差別化が難しい。)

それだけに、営業マンとして働いていたころは、苦労をしていた。

そんな事を思い出しながら、八百屋さんの前で、足をとめた。

なにげに、店内に目を向けた時。そこにあった物に、衝撃を受けた。

 

『・・・・・』思わず、ことばを失う。

 

『昔は、高価な物を輸送するとしても、印刷はせいぜい2色刷り。白い段ボールを使って、3色刷り替わりとしていた。』

だが、目の前の段ボール箱は、何なんだ?。紙の白色+黒色+黄色+赤色の3色刷り。合計4色刷りを思わす段ボール箱。

しかも、写真のように、印刷がされている。

『こんな段ボール箱、いままで、見た事がな~い。』

冷静になって、周りを見渡すと、3色印刷された、野菜や果物を運んだ段ボール箱が、他にも多数ある。

『そうか、この商品も(段ボール箱)、付加価値がつくようになったんだ。』

少し、感動した瞬間だった。(こういう商品を売ることができるなんて。うらやましい。)

 

 仕事も、休暇を過ごす時も、まずは基本を忠実に守る。

 一方で、自分のオリジナリティを発揮するタイミングを、常に探している・・・・・漢。

                            ヤン7.13 22:22V より。

よみこみ中...

大福

ボクたちを押した分だけ、大きな福が届くからね

▲ だいふくボタン

この『だいふくボタン』は、熱田神宮で祈願し、実際に大きな福を詰め込んであります。

うまく動かないときは?

-ヤン
-, , , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

これからが・・・・見せ所(≧▽≦)

これからが・・・・見せ所(≧▽≦)

今年は、寒さが長引いたので、&#x1f3 …

泣く子も黙る・・・・都会の夜道。

泣く子も黙る・・・・都会の夜道。

都会でも、まだまだ不思議な現象がいっぱい …

朝のガマン😣と労働💦に対するご褒美(^_-)-☆。

朝のガマン😣と労働💦に対するご褒美(^_-)-☆。

何ヵ月に、1度は、家族の受診の送迎や付き …

睡眠中の自己主張

睡眠中の自己主張

ここのところ、部屋の中で過ごしても、寒さ …

親は・・・ウキウキ。子ども達は・・・どよ~ん。

親は・・・ウキウキ。子ども達は・・・どよ~ん。

『朝だよ~。起きるよ~。』今日も、カミさ …


だいふくスタッフの楽しい日々

やっぱり仕事も勿論、休日や仕事が終わってからだって楽しくなくっちゃ。

『人生一度きり』

楽しく大笑いしていたいな

ここ楽しそう。私も行きたい。それいいじゃん。

などなどご紹介

とっことん楽しんだ方。

だいふく設立記念日の9月3日に、だいふく大笑贈呈でもっともっと

『大笑い』

こんなだいふくを、どうぞ宜しくお願い致します

以下の推奨ブラウザをご利用のうえ、JavaScript、Cookieが使用できる状態でご覧ください。

Google Chrome (最新版)
Microsoft Edge (最新版)
Safari (最新版)

Google Chrome (最新版)
Safari (最新版)

お問い合わせ